■最新記事
■プロフィール

活麺野郎

Author:活麺野郎
(イケメンヤロウと読みます)
・出身地は
ちゃんぽん皿うどんのメッカ長崎
・九州福岡に在住の51才MEN
・麺類に限らず、美味しいと聞いたら
食べに行く
・お酒も大好き
芋焼酎とワインに凝る
・多趣味なんだけど
浅く薄くかじる程度のものばかり。
・このブログの写真は全て自分で
  撮ったものを使用してます。
・ついに2013年facebookにて本名出しました
片岡 博で検索、友達リクエストしてね!

■ブログランキング

1日1クリックのお願い!!
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村

■カテゴリ別
■所在地別


九州以外の麺類 
福岡市博多区のラーメン 
久留米市のラーメン 
福岡市中央区のうどん 
福岡市中央区のそば 
福岡市中央区のラーメン 
福岡市中央区のパスタ 
福岡市城南区のラーメン 
福岡市博多区のそば 
福岡市早良区のラーメン 
福岡市中央区の焼きそば 
福岡市西区のラーメン 
福岡市西区のパスタ 
福岡市中央区のちゃんぽん 
福岡市城南区のうどん 
糸島市の麺類 
宮崎市の麺類 
朝倉市の麺類 
大宰府市のパスタ 
福岡市博多区のちゃんぽん 
福岡市早良区の焼きラーメン 
福岡市博多区の未分類 
福岡市中央区の皿うどん 
福岡市博多区のパスタ 
福岡市城南区の焼きそば 
福岡市早良区の皿うどん 
福岡市中央区の坦々麺 
福岡市南区のパスタ 
福岡市博多区の焼きそば 
福岡市博多区のうどん 
福岡市中央区のつけ麺 
福岡市博多区のつけ麺 
福岡市中央区の冷麺 
大野城市のラーメン 
福岡市西区のうどん 
朝倉郡の麺類 
福岡市南区のラーメン 
佐賀市の麺類 
福岡市中央区の未分類 
福岡市早良区のうどん 
福岡市城南区のパスタ 
福岡市南区のうどん 
長崎の麺類 
糟屋郡のラーメン 
福岡市南区の焼きそば 
福岡市早良区の坦々麺 
福岡市西区のちゃんぽん 
福岡市中央区のじゃじゃ麺 
日田市の麺類 
北九州市の麺類 
福岡市早良区の焼きそば 
福岡市中央区の冷し中華 
福岡市早良区の未分類 
福岡市南区の皿うどん 
福岡市博多区の焼きラーメン 
福岡市中央区の麺類といえるかな 
福岡市中央区の沖縄そば 
福岡市西区のそば 
筑紫郡のうどん 
福岡市早良区のパスタ 
沖縄の麺類 
福岡市中央区の焼きラーメン 
福岡市中央区の刀削麺 

■バナー

バナー
リンクフリー バナー使って下さい。

■お店直リンクコーナー

美味しい店に直接行けます!

■ブログリンクコーナー
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセスカウンター
■FC2アフィリエイト
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼きうどん01
だるま堂
(だるまどう)

来月でブログ始めて1年になります。
なのにまだこのカテゴリーは初めてなんですね。
でもそれには理由があります。
ここの焼きうどんを食せずには焼きうどんは語れないのではと思い続けていました。
北九州といえば・・・○○発祥の多いところ。
競輪・商店街アーケード・なんとパンチパーマそしてこの「焼きうどん」
しかも小倉のこの店が発祥店といいます。

福岡から高速使って約1時間くらい。
お昼過ぎに到着。
たぶんこの辺りの駐車場が近いかな?と車を止めてアーケードを歩きます。
たまには福岡市内じゃないところでショッピングもいいよね。
てゆうか銀天町アーケード街でのショッピングは初めてです。
すごい数のいろんな店舗が並んでいます。妻もご機嫌です!
とにかくまず腹ごしらえ、お目当ての店を目指します。
ありました!ネットで拾った地図のとおり
「魚町」交差点からケンタッキー・ファミマを通り過ぎてすぐの交差点「魚町二丁目」を左折、
すぐにまた狭い路地を左折するとあります。
烏町食堂街でなく烏町食街というそうです。
暖簾をくぐると、6~7人が座れるカウンターだけの小さな店です。
「いらっしゃいませ」小柄なこの人が2代目の奥さん。
1945年からご主人と共に営んできたが、2005年4月にご主人が亡くなられて後を継ぐ。

先客は2名でしたのですぐに座ってメニューを見ます。
このブログでは基本メニュー写真は載せないんだけど・・・珍しいので・・・
だるま堂05
本当にこれだけです。
もう70歳を越えているので一人でやっていくのに、店の広さも・メニューも丁度いい!?

私はネットで予習していたので、卵ののっている「天まど」を
妻は「焼きうどん」を注文。
そして隣りの先客が食べているのを見て、「すみません、ご飯ひとつ付けてください!」
量はそんなに多くないようです。

新聞紙ほどの広さの鉄板の上で手際の良い調理が始まります。
キャベツ・玉葱が焼かれ天まど用の溶き粉(クレープ状)が円形に焼かれます。
そしてその横で乾麺が焼かれていきます。

先に来たのが焼きうどんです。
「写真撮っていいですか?」に「うん、いっぱい撮っていって!」のうれしい返事。
だるま堂02
そしてこれが天まど
だるま堂03
卵を絡めて、いただきます。
だるま堂04
「ん?」妻と顔を見合わせて、同じ感想「んー、あっさり」
いつも濃厚ソースでじゅうじゅう焼き込んでマヨネーズまで付けて食べている私達にはかなり物足りない。
でも、麺をかみ締めているうちに「わかった!」
もっちりした麺にほのかに香るソースの味・・・これなんだよ
だから元祖で、ここを基準にいろんな店がいろんな味に進化しているんだよ。
野菜を麺を一つひとつを噛み締めてゆっくり食する。
こうして昔から空腹を満たしてきた食の原点。
それに気づかされたような気がした。
ご馳走様でした!

帰りにお店を外からパチリ
だるま堂01
ちょうど私たちの後片付けでカウンターから出てきてこっちを見てる!
少し背骨が曲がっているような・・心配・・・だけど頑張っている姿を見て
まだまだひよっこの私も負けていられない。
どうぞお元気で。

二人はアーケード街へとショッピングデートに繰り出します。


だるま堂
福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-17 鳥町食道街
TEL:093-531-6401
小倉の焼きうどんの事・お店の詳しい情報は「小倉焼きうどん研究所」へどうぞ

スポンサーサイト
焼きうどん | 16:10:00 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。