■最新記事
■プロフィール

活麺野郎

Author:活麺野郎
(イケメンヤロウと読みます)
・出身地は
ちゃんぽん皿うどんのメッカ長崎
・九州福岡に在住の51才MEN
・麺類に限らず、美味しいと聞いたら
食べに行く
・お酒も大好き
芋焼酎とワインに凝る
・多趣味なんだけど
浅く薄くかじる程度のものばかり。
・このブログの写真は全て自分で
  撮ったものを使用してます。
・ついに2013年facebookにて本名出しました
片岡 博で検索、友達リクエストしてね!

■ブログランキング

1日1クリックのお願い!!
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村

■カテゴリ別
■所在地別


九州以外の麺類 
福岡市博多区のラーメン 
久留米市のラーメン 
福岡市中央区のうどん 
福岡市中央区のそば 
福岡市中央区のラーメン 
福岡市中央区のパスタ 
福岡市城南区のラーメン 
福岡市博多区のそば 
福岡市早良区のラーメン 
福岡市中央区の焼きそば 
福岡市西区のラーメン 
福岡市西区のパスタ 
福岡市中央区のちゃんぽん 
福岡市城南区のうどん 
糸島市の麺類 
宮崎市の麺類 
朝倉市の麺類 
大宰府市のパスタ 
福岡市博多区のちゃんぽん 
福岡市早良区の焼きラーメン 
福岡市博多区の未分類 
福岡市中央区の皿うどん 
福岡市博多区のパスタ 
福岡市城南区の焼きそば 
福岡市早良区の皿うどん 
福岡市中央区の坦々麺 
福岡市南区のパスタ 
福岡市博多区の焼きそば 
福岡市博多区のうどん 
福岡市中央区のつけ麺 
福岡市博多区のつけ麺 
福岡市中央区の冷麺 
大野城市のラーメン 
福岡市西区のうどん 
朝倉郡の麺類 
福岡市南区のラーメン 
佐賀市の麺類 
福岡市中央区の未分類 
福岡市早良区のうどん 
福岡市城南区のパスタ 
福岡市南区のうどん 
長崎の麺類 
糟屋郡のラーメン 
福岡市南区の焼きそば 
福岡市早良区の坦々麺 
福岡市西区のちゃんぽん 
福岡市中央区のじゃじゃ麺 
日田市の麺類 
北九州市の麺類 
福岡市早良区の焼きそば 
福岡市中央区の冷し中華 
福岡市早良区の未分類 
福岡市南区の皿うどん 
福岡市博多区の焼きラーメン 
福岡市中央区の麺類といえるかな 
福岡市中央区の沖縄そば 
福岡市西区のそば 
筑紫郡のうどん 
福岡市早良区のパスタ 
沖縄の麺類 
福岡市中央区の焼きラーメン 
福岡市中央区の刀削麺 

■バナー

バナー
リンクフリー バナー使って下さい。

■お店直リンクコーナー

美味しい店に直接行けます!

■ブログリンクコーナー
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセスカウンター
■FC2アフィリエイト
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄そば02
琉球
(りゅうきゅう)

渡辺通りホテルニューオータニに併設されているサンセルコ。
ここは福岡市が企業・商業向けにテナントを受け入れるために建てられたと聞きます。
地下1階の飲食店街は、当初は仕事帰りに一杯飲んで・・なんて結構繁盛していたらしいんですが、今は半数くらいに。

皆さん!免許証はゴールドカードですか?
なんと昨年、この地下に「ゴールド免許更新センター」ができて、人の出入りが多くなっています。
飲食店も少しずつ増えているようです。

そこに、オープンしたての店の紹介です。
しかもそれは福岡では珍しい「沖縄そば」の店なんです。
琉球01

会社が近いので、よくお昼に階段を下りてぶらぶらしますが、一ヶ月ほど前からオープンの兆し。
でも、いつ?とか書いてなくて、ただ祇園の方の料理屋で「沖縄そばやっています」の看板だけだったんです。
内装工事をやっているので、てっきり、そこの支店が出来るんだろうな~と思っていました。

お店に入ると、♪BEGIN♪のBGMが流れています。
カウンターに座って、メニューを見ます。11:00~15:00までのランチメニュー。
おっ、タコライス(スープ付700円)もあるんだ。旨そう!
私は、ソーキそばセット(680円)を注文。
コラーゲン入り自家製麺のソーキそばにお漬物それにご飯が食べ放題で白ご飯か、「ジューシー」と呼ばれる沖縄風炊き込みご飯が選べます。 珍しいのでそれを頼んで・・・
きました!
以前このブログで紹介した沖縄の「夢の舎」以来、約10ヶ月ぶりの沖縄そばです!
琉球02
おおっ、これはまさしく沖縄そば!(だっ ちゅ~の!)
ジューシーからいただきます!真ん中は白菜漬け。
そしてソーキそばを・・・
まずスープです。
ん?かつおだしが、美味いんだけどこれも沖縄のものと何かが違う。
味が美味しすぎる。
そう、沖縄そばは私たち九州の豚骨になれているものには、あっさりとしすぎるんです。
でも、ここのはあっさりはしているんですが、なじみやすい味が・・・
もしかしてと思って大将に聞いてみました。
すると・・・「そうなんです!博多の人の口に合わせるために、豚骨だしが入っています。」
やっぱり~。
琉球03
そして軟骨部が透明に輝いているソーキをガブリ!
琉球04
赤身はとろとろに柔らかいんだけど、軟骨はプルプルしゃきしゃき感があって、いい具合に煮込まれている。
コラーゲン入り自家製麺ですが・・・沖縄そば独特の太さで大きくちぢれています。
うん、しっとり感とつやがあって、のど越しがいいです。コシもしっかり有ります。
ここ博多でこんな美味しい沖縄そばが食べられるなんて!

祇園の料理店はここの大将の知り合いの店で、そこでこの味を試すためにお店で出してもらっていたようです。
そこで、かなりの評判を受けて、今回の出店。
なるほど、これはいける! この味だったら流行るかも。
そば類単品はなんとプラス90円で替え玉し放題!これは太っ腹。
タコライスにも自信が有るとのことですので、是非今度いただきます!

琉球
福岡市中央区渡辺通り1-1 サンセルコ地下1F
TEL:092-725-2575


スポンサーサイト
沖縄そば | 12:16:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄そば01
年末スペシャル版!
夢の舎

(ゆめのや)

たえさん・大将、ありがとう!

今年の終わりにふさわしい店の紹介です。
実は伺ったのはゴールデンウイークの終わりがけ5月8日のことで、
当然、私がブログを始める前の事なので、多少の時間差や季節感の違いはお許し下さい。
それでもなんとか、今年中にアップできて良かったです。

なんせ、この8ヶ月の間に大物有名人がお忍びで通う超有名店になってしまったから、
活麺野郎の性格上、ブログ掲載許可を頂かない訳にはいかない。
この店の奥さん(たえさん)がブログをやってることを知り、2回のコメント書込みの結果、
「***ありがとうございます!!**いつでも両手を広げてお待ちしておりま~~す***」と
暖かい返事を頂いて、もう飛び跳ねて喜びました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

沖縄旅行3日目のその日は、もう「夢の舎」中心のスケジュールでした。
なぜかというと、11時開店で30杯限定の沖縄そば・・・なので、開店と同時に入らないとありつけない!
と言うことは、こちらも予定から外せない「美ら海水族館」に、朝1番で出かけて途中で「抜け出し昼食」をしようという工程になったのです。
9時に海洋博公園に到着、美ら海水族館目指して歩きます。
以前、海洋博公園には来た事はあるんですが、その時はまだこの水族館がリニューアルする前でした。
美ら海水族館
すっ、スゴイ!大パノラマ。テレビ雑誌で見るのとは迫力が違います。ジンベエザメでかっ!
ここに到達する頃にはもう大変な数の観光客に。

人垣に流されながら、あちこち見ているうちに、あっという間に時間が経ちます。
一同(5人の旅)は、水族館を出て駐車場に。
ここからが問題です。距離はここからそう遠くないはずなので迷わなければ15分あれば着く。
でも、事前調査ではそうとう山の中。到着しないで断念(遭難ではない〈笑〉)した人もいるとか。
もちろん、ナビにも無い。
ところが、505号線から1本目2本目くらいの細い道になったところから、曲がる交差点に「←夢の舎」木の手造り案内板が置かれてあったんです。 ああ~、よかったあ~!
案内板どおりに、ところどころ対向車が来たらどうしようと思うくらい狭い道路を登っていきました。
たしかに断念した人の気持ちがわかります。
途中で、まさか、こんなところにはないでしょう。または、この先にはないでしょう!と思ってしまうくらいの山道です。
そして、案内板のおかげで1度も迷わず無事到着。
「ついた~!」
駐車場に止めて歩きます。
最高の天気で日差しが強くなってきたけど、それを木々がゆらゆらとさえぎって木漏れ日となり、キラキラと輝いています。空気の透明感が違う。
夢の舎01
すばらしい!
こんなところで食事ができるなんて。

門をくぐって中に入ると、
夢の舎02
左に大将のアトリエ、奥にお店が見えてきます。
たぶん電気以外のものは全部大将の手造りではないだろうか。

奥さんが「いらっしゃいませ、どうぞあがってください」
と出迎えてくれます。
が、玄関?
そう、沖縄では、空いている縁側が、どこでも玄関。
みんな好きずきに縁側の方から上がっていく。
「いいところですね、美味しいそばを食べにきました。」
といいながらテーブルに着く。
すると、これまた家の中からの景色が最高。
夢の舎03
海ぶどうそばを食べると決めてきたが、テーブルのメニューが気になる。
ん? ハイビスカスの天ぷら?  食べてみたい!
それも注文して、待ちます。
写真好きの連れのひとりは、じっと待っていられなくて、表に飛び出して美しい花や蝶を追い掛け回しています。
私も、家の中をあちこち見て回るが、さすが芸術家二人のセンスは私のような凡人とは違う。
床の間の置物ひとつとっても、個性あふれている。

そうこうしているうちに、料理が運ばれてきます。
まず、付け出しがきました。
夢の舎07
島豆腐(チャンプルーですね)と、そば麺のから揚げです。
どちらも、素朴で懐かしい味です。

そして、すぐに キター!
きれい!ハイビスカスの天ぷら
夢の舎05
すごい、いい香りしている。
本当に食べれるんだ!
いただきまーす!
つまんで見ます。 うん、しゃきしゃきしていて美味しい。
初めての食感ですね、口の中でもっとモサモサするのかと思いきや花びらが薄いので
中までしっかりとカリカリに揚がっていて、噛むとハイビスカス独特の花油が広がってきます。

そして、まってました!
ガジュマルの木炭入り沖縄そば「海ぶどうそば」
夢の舎04
うわ~!こんなにいっぱい海ぶどうがのってる!
こんな量、今まで食べたことないよ。
いつもはつゆからいただくんだけど、このプリプリの海ぶどうがはやく食べたい。
海ぶどうと麺を一緒につまんで口の中に放り込みます。
ずずっ!
これまた初めての食感。
しっかりとコシのある手打ちのちぢれ平麺とぬるっとした海ぶどうがプチプチした感触になって、のどを通っていきます。つるつると食べやすい。海ぶどうがこんなに麺と絡みやすいとは。
つゆは、かつおの風味が効いていて、でもあっさりしています。
思わずハイビスカスの天ぷらをそばの中に入れます。
つゆに浸して麺と一緒に口に運びます。
うっ、美味い!

なんか、夢中になってガツガツ食べているようですが、いつもと何かが違う。

周りの音、光・・・そう、時間がゆっくりです。

後ろに行列が待っているわけではないから、自分のペースでゆっくりと食べれるんです。
忘れているんですよね、ゆっくり食べること。
特に麺類は伸びないうちに食べないと、と思って食べるから。

みんな食べ終えて、満足げにボーっと外の緑に目をやります。
鳥のさえずりしか聞こえません。

私も田舎育ち。懐かしい感覚がよみがえってきました。
子供のころ夏休みにカブトムシを採りに行って疲れて帰ってきて
縁側の日陰に横になっていると、いつの間にかうとうとと眠っていました。
あの静かで、平和な感覚です。

いつまでもこうして居たい!
でも、すぐに現実に戻ります。
「ご馳走さま~!」
テーブルを離れ、縁側の方から外に出ます。
お代を払っているときに、奥さんが
「これ、私の手造りですけど、よかったらどうぞ!」
それは、きれいな紙を折って作ったアロハシャツの小物。
「わあ、かわいい!」「記念になるー」
みんな好きな色を選んで、いただきました。

たえさん、大将、本当にありがとう!
元気なお二人ですが、どうぞくれぐれも体に気をつけて頑張っていただきたい。
仕事頑張って、余裕ができたらまた伺わせてもらいます。
夢の舎06
夢の舎の守り神 シーサーに見送られて
海洋博公園エメラルドビーチに向かう。

夢をありがとうね!
きっと、またくるさー!


夢の舎
沖縄県国頭郡本部町字古島794-2
本部グリーンパークゴルフ場を突き抜ける。
TEL:0980-48-4529
是非、たえさんのブログ「うちなーおばあのありんくりん夢の舎日記」へ。
癒されます。有名人載ってます。


沖縄そば | 12:10:40 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。